お金を借りる|借り易い消費者金融

お金を借りる方法はいろいろありますが、手軽に申込ができるのが消費者金融のキャッシングです。
消費者金融を利用している方は全国で1,500万人とも言われ、利用目的として、「予定外の出費があって今月は少し足りない」というような時や、「給料日までの間だけ」といった場合でも、手軽に借りられることで多く方が利用しています。
特に消費者金融の場合、大手消費者金融ならすべてが即日融資に対応しているので、今日中にお金が必要になったという場合でも、時間内に申込みをするとその日にお金が借りられるので心配する必要はありません。

手間をかけずに申込みができる

キャッシングは消費者金融やクレジット会社、銀行カードローンなどで扱っており、どこでも申込ができますが、それぞれに特徴があるので、自分がどのように利用したいのかを決めて、申込先を選ぶ必要があります。

なかでも消費者金融は、本来サラリーマンを対象にして設立された金融会社です。
銀行でお金を借りるのとは違い、無担保でお金を貸出したのが、始まりで、消費者金融は「お金を貸す」ということだけに特化しており、これまでに蓄積された膨大なデータやノウハウを使えばほんの数分で借入の審査が終わるというスピード審査を可能にしていますので、すぐにお金を借りたいときでも、審査に通ればその日にお金を借りることが出来るようになります。

当然、お金を借りるための条件はありますが、条件さえ満たしていれば誰でも申込ができます。
申込条件は各社ほとんど同じで、年齢20歳以上65歳~69歳のかたで安定した収入が有るかたなら、正社員に限らず、パートをしている兼業主婦や、アルバイトをしている学生でも申込ができます。

もっとも手軽な申込方法は、インターネットを使って申込む方法で、本人確認書類(運転免許証または健康保険証、パスポートなど)を用意し、ホームページから申込をするだけです。
申込をしたあとは、審査が行われ、審査が完了すれば指定口座へお金が振り込まれます。
ただ、その日に借りたいときは、契約や手続きを完了しなければならない時間が決まっていますので、申込先で事前に確認しておく必要があります。

申込が出来ない場合とは?

上記のような条件を満たしていなければ問題なく申込ができますが、この条件に該当しない場合があります。
たとえば、特に関係があるのが、収入が有るかどうかになります。

お金の貸し借りには決められた法律があり、銀行は銀行法が適用され、消費者金融やクレジット会社は貸金業法が適用されます。
貸金業法には総量規制という法律があり、その中に総量規制という法律があります。
総量規制では、お金を貸すときの融資限度額は年収の3分の1以内と制限があるので、収入がなければ申込ができません。
たとえば、年収が300万円の方の融資限度額は最大で100万円まで融資が受けられます。
これまで消費者金融の利用が一番多いと言われていた主婦も、パートやアルバイトをして収入のある兼業主婦はこれまでどおり申込ができます。

専業主婦や高齢者は厳しい

そのため、同じ主婦でも収入のない専業主婦の場合は消費者金融が利用できません。
ただし、収入のない専業主婦の場合は、「配偶者貸付制度」を取り入れている消費者金融なら申込ができますが、大手消費者金融は、審査の上で調査に時間がかかり、採算がとれないということから廃止、もしくは中止しています。
またこの制度を取り入れていても、原則本人に収入があることが条件になっているので、現実的に申込はむつかしくなっています。

また、年齢65歳になれば定年退職し、年金で生活を始めるかたが多くなっています。
収入が年金だけでのかたは申込ができるキャッシング会社はほとんどありません。
年金収入以外にアルバイトやパートなど、何らかの収入源がなければ申込できないところがほとんどで、高齢者のかたが申込をするときは、申込先が年金以外収入だけで申込めるのかを調べる必要があります。

銀行カードローンとの違いは?

最近は銀行カードローンもキャッシングに力を入れています。
しかし、銀行は小口融資に不得手な面があり、銀行がお金を貸すときは一般的に担保や保証人を立てなければ融資ができません。
ところが、カードローンは無担保でお金を貸し出すので、貸し倒れにならないように審査は余計慎重になり、調査にも時間がかかるのですぐに融資ができません。
最近では、銀行カードローンは大手消費者金融やクレジット会社が保証会社になることで審査時間が短くなり即日融資に対応しているカードローンもあります。
査時間を短くできるようになったカードローンがあります。

銀行カードローンは消費者金融に比べて金利が低いのがメリットですが、基本的には即日融資には向かないローンといえます。

一方消費者金融はこれまで述べてきたように、審査時間が早く即日融資に対応していますが、銀行カードローンと比べて少し金利が高めに設定されています。

少しでも金利を抑えてキャッシングをするのなら銀行カードローンになりますし、今日明日中にでもお金が必要という場合は、消費者金融をおすすめします。